フリーランスのママデザイナーがデザイン業務を始めたきっかけ

本サイトにはプロモーションが含まれます。

今回は雑談として、デザインのお仕事を行うようになったきっかけについてお話しようかと思います。

いつもお世話になっている、ココナラさんの紹介も交えてご紹介します。

出品者さんも依頼者さんも、どちらも楽しんで頂けると幸いです。

目次

ココナラとは?

テレビのCMでもたまに見かける、スキルのフリマ《ココナラ》

フリーランスのデザイナーに、仕事を依頼できる。

出品者と依頼者を繋げてくれる、とても素晴らしいアプリです。

このアプリは集客力も抜群ですし、フリーランスにとっても依頼者にとっても、素晴らしい環境だと思います。

ロゴデザイン制作としては、デザイン会社を通してプロのデザイナーに依頼すると、5~15万程度かかることが多いです。

その点、ココナラは個人としてお仕事を請け負っているデザイナーがほとんどなので、料金が低く設定されているんです。

あわせて読みたい
ココナラのロゴ制作の値段は?相場・評判・依頼手順まで徹底解説 ココナラでロゴを作成しようと考えていますか? どのくらいの値段なのか、相場が気になるところですよね。 この記事では、ココナラでのロゴ作成の相場と評判、依頼手順...

ロゴ制作を始めるまで

私の実家は、祖父の代から自営業で看板屋を営んでいて。

ひと昔前は、私の父がペンキと筆だけを商売道具に、大きなトラックに「●●運輸」や「会社の住所」「最大積載量」など、様々な文字を描く職人さんでした。

子供の頃は、休みの日に父の現場について行っては、父が看板を書く様子をお菓子片手に眺めていたもので、ペンキと筆だけで大きな文字を生み出す父が、カッコよくて誇らしかったのを覚えています。

しかし時代は進んで昭和から平成、ペンキと筆だけで描く文字の時代は終わりをつげ、トラックに文字を描く方法は、より機械的でハイテクに「PCを使ったシール文字」の登場です。

どのように仕事をしているかというと、母がPCで文字をデザインし、トラック文字専用のいかついカッティング機と特殊なシールを用いて、シール文字をカッティング。

出来た文字を父が現場に持って行って、トラックに貼るという作業に変わっていきました。

その頃から、実家のPCに入っていたのが、デザインツールである「Adobe illustrator」

父や母がこのツールで扱うのは、可愛さのかけらもない無骨な文字だけだけど。

幼い頃の私は、母が居ない隙を見つけては、両親の商売道具のPCで、犬や猫など、可愛らしいものを描くことが密かな楽しみとなっていて。

点と線を操作して表現する、ベジェ曲線でものを描くのが、何とも不思議で楽しかったんです。

大人になってからは、実家の家業が忙しい時は、たまにPCでの文字デザインを手伝ったりしたけれど、娘の私が実家の家業を継ぐという覚悟はなく。

うちは姉と私の姉妹だけで男の子がいなかったから、両親世代で看板屋は店じまいだななんて、薄情な事を思っていました。

しかし意外な事に、今は姉の旦那が実家の事業を引き継いでくれています。

実家と、姉宅に事務所を構えて、2世代での看板屋になりました。

以前、姉宅に遊びに行ったとき。

元々デザイン関係の仕事をしていた姉の旦那が、お店の看板などのデザインの仕事を始めたと聞いて。

何となく興味が湧き、義兄の作業を見ていたら、点と線でものを描くベジェ曲線を扱う面白さを思い出した。

またやってみたい。

幼いころの、子供の遊びではなく。

今度は、世の中の人のためになることとして。

自分がしたいと思う、ものつくりの仕事をしたい。

そしてやるからには「お客様に寄り添い長く愛される」作品を作りたい。

フリーランスではありますが、志は高くいきたい。

ビジネス化するのであれば、今までの自分の知識に加えて、少し修行が必要だなと。

義兄にデザインの基礎を教え直して貰い、ココナラでのお取引開始に至りました。

自分が生み出した作品が、人様のお役に立てることは、この上ない大きな喜びとなります。

精一杯人の為に尽くせるように。

ご縁を頂いた人に喜んで頂けるように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

在宅でWEBライター/ブログ運営、フリーランスデザイナー/ロゴ・アイコン制作を行っています。仕事に子育てに大忙しの毎日を送りつつ、気の向くままに情報発信中です。

●2児の母(3歳娘と0歳息子)
●30代後半/東北在住

目次